つづら折りの道

自然に触れ創造的で活動的な生活を目指して、くねくね道を登るシニアのブログです。

190日連続投稿しましたが、もう無理はしないことにします

1月7日から、連続投稿を190日続けてきましたが、

残念ではありますが、無理して連続投稿をすることを断念します。

 

もともと、木工製作 を開始したことから始めたブログですが、

ブログのネタ探しと、写真の準備、記事の編集、等々で、数時間を要してしまいます。

お陰様で、カウント数も徐々に増え、それにつれて、カウントを挙げることに気を使い過ぎてしまいました。その結果、毎日毎日、ブログの時間に追われるようになってしまいました。本来の目的の木工製作にかける時間が無くなってしまったんです。

そのような訳で、見ていただける読者様も多くなっている中、誠に勝手ではございますが、今後は、木工の製作やそれに関連する事のみを、不定期で更新させていただく形にしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ありがとうございました。またどうぞ。

f:id:tuzuraway:20210710161738j:plain

 

東京タワーの下でタイムスリップ

昨日は、どうしても行かなければならない重要な用事があって、都心まで、車で出かけてきました。

心配はしてたのですが、代々木近辺に進入禁止のエリアがあり、迂回しなければなりませんでした。

f:id:tuzuraway:20210714141742j:plain

f:id:tuzuraway:20210714142235j:plain

f:id:tuzuraway:20210714142333j:plain

国立競技場の近くなんで仕方がない。

そして、目的地は、この建造物の近くなんです。

f:id:tuzuraway:20210714142545j:plain

予定より早く着いたので、車を駐車場に止めてお散歩しました。

f:id:tuzuraway:20210714142913j:plain

すぐ下の信号まで来たので、タワーの真下まで行って見ることにしました。

連れ合いは展望台へは登ったことがないようですが、私は子供の頃に一度登ったと思うんですが、あまり記憶がありません。それから50数年は、たまに、遠くから、あるいはすぐ近くから眺める程度で、それだけを楽しんでいた存在でした。

f:id:tuzuraway:20210714144346j:plain

緑の中、正面に見ながら、ちょっとした坂道を登りました。

登り切って、タワーの真下の広場に出ました。意外と狭い。(観光バス等は別のところに止める?)しかし、空に向かってそそり立つ姿は圧巻です。広がった裾野のような塔脚?のラインも美しい

f:id:tuzuraway:20210714145109j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145226j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145432j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145328j:plain

坂道を登ってきたので、ベンチで一休み。ペットボトルのお茶を飲みながら、

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界に入り込んでしまった。

東京タワーが、1958年12月23日竣工で、1964年10月10日東京オリンピックが開かれたんです。

映画の中ではこの時代の様子が懐かしく描かれていますね。冒頭のゴム動力の飛行機が飛ぶのが懐かしくて、今年作ってしまったんです。

当時、私は小学生でした。映画3丁目の夕日のなかの子供たちの方が、少し先輩かもしれません。この偉大な建造物が下から積み上げられていく経過を見たのが、映画の中でしかないのです。(もちろん、まじかに見える場所に住んでいたわけではないですけど)私の記憶のなかで、東京タワーは、完成されたものとして始まっていました。

 

50数年ぶりにタワーの真下まで足を運んだのは、やはり、オリンピックがあるからかもしれませんが、それよりも、このタワーさんとは同世代なんだと言う親近感があるからなのかもしれません。

 

東京タワーさんは、コロナ禍の今回のオリンピックについては、どう思っていらっしゃるんですかね?

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

エリカと紫式部、花の名前です

今、我が家の庭で、注目したい植木がエリカ紫式部です。どちらも、女性の名前のようで面白いですが、偶然です。

 

先ずはエリカ。エリカのメランセラです蕾があります。

f:id:tuzuraway:20210712235741j:plain

このエリカ、咲かないのではなく、秋に咲く品種と知って、秋まで我慢と思っていたのでした。(前回紹介した時のブログが下のリンクです)

それが、蕾を持っています。どうしたんでしょう。

f:id:tuzuraway:20210713000758j:plain

確かに蕾ですよね。

 

で、次の注目は、紫式部です。

f:id:tuzuraway:20210713001024j:plain

今年はいっぱい花が咲いています。でも少し小さい感じもします。

f:id:tuzuraway:20210713001200j:plain

もっと、もっと花をつけて、秋には紫の実をたくさんつけてくださいな。

 

春の花が終って、紫陽花が終って、長く咲いてたビオラが枯れて、庭が寂しくなったので、急に、注目されたって感じですかね。

それでも、注目されないよりはされたほうがまし。(一昨日からましシリーズ?しつこいですね)

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

 

晴れ間に切り戻し剪定で、この夏見たい花

今日は、個人的には休日で、久しぶりの晴れ間なので、草が生え放題の庭の草むしりをしました。むしると言うより掻き取る感じだから、根が残るんですよね。

それでも、やらないよりは、やったほうがまだまし、(昨日もそんなこと言ってた)ですかね。

 

そして、植木に関しても、やらないよりは、やったほうが花の咲く可能性が増しそうな気がして、思い切って、だいたんに切り戻し剪定を行いました。

先ずは、これです。

f:id:tuzuraway:20210705160048j:plain

何回かこのブログの話題となっている、ウインターコスモスです。

思い切って、バッサリ、根本あたりまで切りました。

f:id:tuzuraway:20210712134305j:plain

そして、これも。

f:id:tuzuraway:20210617122534j:plain

デュランタ宝塚です。

f:id:tuzuraway:20210712170613j:plain

半分ぐらいのサイズにまで強剪定しました。

 

そして、これ、

f:id:tuzuraway:20210712171518j:plain

去年、鉢植えで買ったハイビスカスです。

これまで、屋内で冬越しして、暖かくなって外に出してあったのです。鉢も一回り大きくして植え替えました。しかし、あまり日に当たってなかったからか、これも葉っぱばかりが大きく育っていたので、すくすく伸びた部分を切り取ってみました。

f:id:tuzuraway:20210712173008j:plain

どうでしょうかね。

 

日当たりを好むものは、我が家の庭には合わないのかな?

どちらかと言うと、午後になってからよく陽が当たるんですから。

 

以上の3点以外も、花の終わったものを、大胆な切り戻しをしました。

でも、調べてみたら、本格的な夏の前に、風通しを良くするために育ちすぎた枝を剪定するのは正しいようです。(なんでやる前に調べないかね、って、ごもっとなご意見です)

 

ウインターコスモスはともかく、宝塚ハイビスカスの花はぜひともこの夏見たいんです。

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

下手に研ぐなら、研がないほうがまし、ではなかった。

あまり切れなくなってきたので、ついに、丸い刃先の2本を研ぐことにしました。

f:id:tuzuraway:20210710231128j:plain

彫刻刀鑿(のみ)です。どちらも丸い刃先です。

だから、砥石も丸い刃用の砥石です。

これは、いつ買ったものだったかな?

確かAmazonで買ったと思うんですけど。有りました。

 

 超仕上げ用もありますが、中研ぎ用でしょう。確か。

 

で、研いでみました。

f:id:tuzuraway:20210710232655j:plain

f:id:tuzuraway:20210710232750j:plain

砥石の表面に丸く凹凸があるから、それに沿って研げるのは良いです。

f:id:tuzuraway:20210710232949j:plain

f:id:tuzuraway:20210710233044j:plain

いろいろ角度を変えたりして研いでみました。

 

そして、使ってみます。

f:id:tuzuraway:20210710233340j:plain

f:id:tuzuraway:20210710233427j:plain

f:id:tuzuraway:20210710233305j:plain

予想以上に切れ具合が戻った

下手に研いでも、研いだほうがまし、だった。

 

で、何を掘っているのかと言うと、

f:id:tuzuraway:20210710233727j:plain

この瓶が入る穴を掘ってます。

さて、どんなものになるやら、うまく完成すれば良いのだが。

上手く出来たらお見せします。

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

 

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

ククサが汗をかいた、浸透圧?

毎日雨模様の天気で、湿度の高い日が続いています。湿気が多いと意外なところまで湿っぽくなっていました。

それが、木製マグカップククサです。

f:id:tuzuraway:20210710161738j:plain

写真は、ふき取って亜麻仁油を慌てて塗った後なので、水滴はみられませんが。

実は、汗をかいたかのように濡れていたのです。(特に2号、後ろの方)

まだ、それほど熱くはないのでクーラーも除湿もしてない部屋で、電子レンジの上に置いてあるんです。

ネットで調べてみると、カビがはえというブログがたくさんありました。かなり高価なククサでも手入れをしないと失敗するケースがあるようです。

ククサの本場の北欧に比べ、はるかに湿気の多い日本の気候のなかでは、本場とは違う、さらなるお手入れの必要性があるようです。

そこで、ククサの一号のなんですが、

f:id:tuzuraway:20210710163818j:plain

これも、びっしょり濡れていました。

ただ、檜は殺菌効果が有るようで、カビにくい、腐りにくいということで、むかしから檜ぶろ等に使われたりして、湿気に強いんですね。そこに和製のククサの材料としても選ばれる理由があったのです。

それで、木製品は他にもたくさんあるのに、なぜ、ククサばかりこんなに水分を含むのかと疑問をもちました。

そして出てきたのが塩の浸透圧」と言う言葉でした。野菜に塩をかけると、野菜の水分を塩が吸い出してくれますよね。これが浸透圧なんです。ククサは塩ゆでしてることでかなり塩を含んでいると思われます。化学的な事はよくわかりませんが、それで、この浸透圧が絡んで、空気中の水分を吸っているのではないかと、かってに思ったのです。(これはあくまで、私の推測です。確かにするためにはもう少し勉強が必要)

 

今はお手入れとして、亜麻仁油を塗りましたが、お手入れの仕方や、亜麻仁油浸透具合やら、乾燥具合やら、まだまだ、日本の夏対策を勉強する必要がありそうです。

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

 

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

今週のお題が変わってしまったけど、下書きしてたから載せちゃいます

先週のお題が「住みたい場所」だったと思うんですが、下書き準備してたんですけど変わってしまった。でも、せっかくだから載せることにします。

とは言っても、正式には「住みたい場所」として夢見たことがあった。とでも言うべきかな。

今はもう、歳もとって、そんなに元気ではなくなったので、公共施設、商業施設、そして病院等が近くにある便利な場所が良いと考えも変わってきましたが、一時期、住んでみたいとあこがれた場所がありますので紹介します。

自然や、山が好きな方なら、ああ、やっぱりと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、山梨県北杜市です。移住先として大人気のスポットですよね。

先日、紹介したわんわんパラダイス八ヶ岳北杜市です。

北杜市の魅力は何と言っても南アルプス甲斐駒ヶ岳がまじかに望めることです。

(写真はすべて過去のものです)

 f:id:tuzuraway:20210709171802j:plain

(撮影場所はおいしい学校の近くだったと思います)

f:id:tuzuraway:20210709172213j:plain

標高の高い地域からは北岳も頭を出してました。

(たしか三分一湧水の近くだったと思います)

春は桜がすごいんです。北杜の桜は、日本三大桜の一つ山高神代桜、眞原の桜並木、神田の大糸桜、穴場の蕪の桜並木とか、何度か行きました。韮崎にもわに塚の桜がありました。

f:id:tuzuraway:20210709174156j:plain

(眞原の桜並木と甲斐駒ヶ岳

f:id:tuzuraway:20210709174410j:plain

(蕪の桜並木、ここは今もあるのかな?)

 

そして、夏は、明野のひまわり。

f:id:tuzuraway:20210709174720j:plain

(明野のひまわりですが、背後の南アルプスは雲のなかです)

甲斐駒ヶ岳は、登ったことは無いのですが、中央道を長野方面に走るたびに、いつも、左手に見えてた堂々とした単独峰のような山容が気になっていました。右手の八ヶ岳より大きくまじかに眺められるからだったのでしょう。

だから、その山がいつでも見れるからと言うことで、住んでみたいとあこがれた時期があったのでした。

今は、そのあこがれは消えましたが、時々は、その雄姿を見に行きたいと思っているのです。

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ