つづら折りの道

自然に触れ創造的で活動的な生活を目指して、くねくね道を登るシニアのブログです。

お花見の桜と木材としての桜

桜の季節ですね。

ただ、コロナのせいで、今年も自粛ムードで、賑やかなお花見はできないようですが、桜の名所では、かなり混んでるところもあるようですね。

 

で、私はと言うと、近所の公園や、通りの桜並木や小川沿いの桜を眺める程度で、桜の季節が過ぎてしまいそうです。

そして、梅の時にも書いたのですが、

tuzuraway.hatenablog.com

今年は、花の鑑賞より、木材への興味が湧いてきてしまいます。

 

桜ってどんな木材に成るのかな?

そもそも、お花見の桜と言えばソメイヨシノですよね。でも、この木は、まさに、鑑賞用的なところがあるようです。

オオシマザクラエドヒガンザクラを交配して作られたもので、江戸時代末期~明治初期に、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人たちの手で作られたものだそうで、江戸から明治への変化の中で政府が全国に広げたとのことです。

いずれにしてもソメイヨシノ木材には向かないようです。

f:id:tuzuraway:20210330150748j:plain

 

さくらの名がついて販売されてる木材としては、ヤマザクラカバザクラと呼ばれるものがあります。ヤマザクラはさくら属のあるバラ科なのですが、カバザクラと呼ぶものはシラカバなどと同じカバノキ科なのです。(ククサ2号のヤマハンノキもカバノキ科)どちらも、サクラとして販売されてるようですので、見分けがつきにくいようです。

ちなみに、ホームセンターで売られていたこの木片はどちらでしょう?

f:id:tuzuraway:20210330151621j:plain

写真の写りも悪いのですが、分かりませんよね。

素人が見ても分からないほど似ているとのことで、数の少ないマザクラに対してカバの木カバザクラとして売られてるようです。木目の美しさも木材としての性質もあまり劣らないようなので、慣習としてOKになっているようです。

 

それから、もう一つ、シュリザクラと言うのがあるんですね。シウリザクラ ミヤマイヌザクラ シオリザクラとも呼ばれるそうです。同じバラ科のサクラ属なのですが、原木は、見た目どこがサクラなの?と思うくらい白く地味な容姿の異なる花が咲きます。でも、木材としてはサクラとして、優秀で人気のある材料のようです。

私も、次のククサの素材の候補の一つと考えているのです。

 

国産の木材でサクラと称しているのは以上の3つが主なようです。

ソメイヨシノエドヒガンザクラ、コヒガンザクラ、カワズザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ等、よく聞くお花見の桜は残念?ながら有りません。すべて花見で楽しみましょう。

 

ヤマザクラ  バラ科広葉樹 気乾比重0.60 産地 関東以南、温暖な地域等 用途 高級家具材、楽器材料、漆器の木地、道具の柄、仏壇の材料等。

カバザクラ(マカバ)カバノキ科広葉樹 気乾比重0.67 産地 北海道、東北等 用途家具材、フローリングなどの内装材、ドアなどの建具等。

シュリザクラ バラ科広葉樹 気乾比重0.67 産地 北海道日高等 用途 主に家具材、小物材料として人気

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ