つづら折りの道

自然に触れ創造的で活動的な生活を目指して、くねくね道を登るシニアのブログです。

東京タワーの下でタイムスリップ

昨日は、どうしても行かなければならない重要な用事があって、都心まで、車で出かけてきました。

心配はしてたのですが、代々木近辺に進入禁止のエリアがあり、迂回しなければなりませんでした。

f:id:tuzuraway:20210714141742j:plain

f:id:tuzuraway:20210714142235j:plain

f:id:tuzuraway:20210714142333j:plain

国立競技場の近くなんで仕方がない。

そして、目的地は、この建造物の近くなんです。

f:id:tuzuraway:20210714142545j:plain

予定より早く着いたので、車を駐車場に止めてお散歩しました。

f:id:tuzuraway:20210714142913j:plain

すぐ下の信号まで来たので、タワーの真下まで行って見ることにしました。

連れ合いは展望台へは登ったことがないようですが、私は子供の頃に一度登ったと思うんですが、あまり記憶がありません。それから50数年は、たまに、遠くから、あるいはすぐ近くから眺める程度で、それだけを楽しんでいた存在でした。

f:id:tuzuraway:20210714144346j:plain

緑の中、正面に見ながら、ちょっとした坂道を登りました。

登り切って、タワーの真下の広場に出ました。意外と狭い。(観光バス等は別のところに止める?)しかし、空に向かってそそり立つ姿は圧巻です。広がった裾野のような塔脚?のラインも美しい

f:id:tuzuraway:20210714145109j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145226j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145432j:plain

f:id:tuzuraway:20210714145328j:plain

坂道を登ってきたので、ベンチで一休み。ペットボトルのお茶を飲みながら、

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界に入り込んでしまった。

東京タワーが、1958年12月23日竣工で、1964年10月10日東京オリンピックが開かれたんです。

映画の中ではこの時代の様子が懐かしく描かれていますね。冒頭のゴム動力の飛行機が飛ぶのが懐かしくて、今年作ってしまったんです。

当時、私は小学生でした。映画3丁目の夕日のなかの子供たちの方が、少し先輩かもしれません。この偉大な建造物が下から積み上げられていく経過を見たのが、映画の中でしかないのです。(もちろん、まじかに見える場所に住んでいたわけではないですけど)私の記憶のなかで、東京タワーは、完成されたものとして始まっていました。

 

50数年ぶりにタワーの真下まで足を運んだのは、やはり、オリンピックがあるからかもしれませんが、それよりも、このタワーさんとは同世代なんだと言う親近感があるからなのかもしれません。

 

東京タワーさんは、コロナ禍の今回のオリンピックについては、どう思っていらっしゃるんですかね?

 

ありがとうございました。またどうぞ。

 

ハンドメイド布(バッグ等)f:id:tuzuraway:20210424210311j:plain木製品f:id:tuzuraway:20210424210402j:plain

シニア夫婦ハンドメイドサイトf:id:tuzuraway:20210424210058j:plainへもぜひどうぞ。

minne

f:id:tuzuraway:20210329021959j:plain

Creema

f:id:tuzuraway:20210329021931j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ